東日本電線工業健康保険組合

ジェネリック医薬品の活用をお願いします

 医療費の約3割は薬代です。安くて効能・効果が新薬とほとんど変わらないジェネリック医薬品を選んで、医療費の節減にご協力をお願いします。

ジェネリック医薬品には、こんなメリットがあります
メリット1  新薬の2~8割の価格で安い
メリット2  成分や効能は新薬とほぼ同じ
メリット3  大きさや味、においの改善など、飲みやすさを改良

ジェネリック医薬品に替えてもらうには?
 現在、治療中の方で、ジェネリック医薬品に変更されていない場合は、医師に聞いてみましょう。ジェネリック医薬品の活用に積極的に取り組む医療機関が増えていますので、「ジェネリックに変更できますか?」などと気軽に話しかけてみましょう。

服用期間が長いほど薬代の負担が軽くなります
 生活習慣病やアレルギー性疾患などの慢性的な病気で、長期にわたって薬を服用しなければならない場合、薬代の負担が重くのしかかります。そこで、価格の安いジェネリック医薬品を使用すれば、薬代の負担を軽くすることができ、医療費も節減できます。

ジェネリック医薬品推奨マークは2種類あります
 ジェネリック医薬品に積極的に取り組む薬局を見つけるには、日本ジェネリック医薬品学会が交付する「ジェネリック医薬品推奨マーク」が貼ってあるかどうかが、ひとつの目安になります。

ゴールドマーク
ジェネリック医薬品に積極的に取り組んでおり、店舗に300種類以上、ジェネリック医薬品の備蓄のある場合に交付されます。

シルバーマーク
患者さんからのジェネリック医薬品への変更依頼や相談に積極的に応じる姿勢を示した薬局に交付されます。


ジェネリック医薬品でその程度安くなるのか
 下記のサイトでジェネリック医薬品で、お薬代がどの程度安くなるか試算ができます。また、「ジェネリック医薬品お願いカード」の印刷も可能ですので是非ご活用ください。
●「ジェネリックガイド」   http://www.generic-guide.jp/

ページ先頭へ戻る

「あしたの健保プロジェクト」のお知らせ

 健康保険組合連合会では、日本が世界に誇る「国民皆保険制度」を維持していくために、そして重くなった現役世代負担を少しでも和らげるために「あしたの健康プロジェクト」のホームページを開設しました。
 このプロジェクトでは、WEBサイトを通じて、現在の健康保険の不健康状態を広く知って頂くとともに、その状態を是正したいという「皆様の声」を積極的に発信していきます。

詳細は、健康保険組合連合会「あしたの健康プロジェクト」のホームページをご覧ください。
http://www.ashiken-p.jp
ページ先頭へ戻る

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う旧避難指示対象地域等の被保険者等に対する一部負担金の免除措置の取扱いについて

 平成30年2月5日付にて厚生労働省より「一部負担金等免除証明書の取扱い」に対する通知により、東京電力福島第一原子力発電所の事故による旧避難指示区域等(※)にお住まいの方(震災発生後、他市町村へ転出した方を含む。)については有効期限を平成30年7月31日まで延長しておりましたが、見直しの結果、平成31年2月28日まで延長することとなりました。
 以上の件についてご不明な点がありましたら当組合業務部(電話03-5541-1231)までご連絡ください。
(※)「旧避難指示区域等」とは、平成25年度以前に指定が解除された旧緊急時避難準備区域等  (ホットスポットを含む)、平成26年度に指定が解除された旧避難指示解除準備区域等、平成27年度に指定が解除された旧避難指示解除準備区域等、平成28年度及び平成29年4月1日に指定が解除された旧居住制限区域等をいう
ページ先頭へ戻る

健康保険料の保険料率等について

平成30年3月1日 ( 4月納付分 ) から適用される健康保険料率等については現行と同率となります。
<保険料率と負担割合>
健康保険料率              (千分率)
事業主負担 51.00
被保険者負担 49.00
合   計 100.00
介護保険料率               (千分率)
事業主負担 8.40
被保険者負担 8.40
合   計 16.80
 40歳から64歳までの被保険者及び40歳から64歳までの被扶養者を有する被保険者 ( 特定被保険者 ) の方は、健康保険料と介護保険料が徴収されます。

※任意継続被保険者は4月分保険料(4月納付分)から適用されます。
 なお、標準報酬月額の上限額は、前年度と同額の300,000円となります。

「標準報酬月額別保険料一覧」については事務担当者専用ページよりご確認ください。
ページ先頭へ戻る

健康保険適用関係届出書の様式変更について

 健康保険法施行規則の一部改正(法令様式等)に伴い、当組合にご提出いただく下記届出用紙を変更いたしました。
 なお、当分の間は従前の紙届出書及び年金事務所提出用届出書につきましても受付いたします。
資格取得届
資格喪失届
賞与支払届
算定基礎届
月額変更届
産休終了時月額変更届
育休終了時月額変更届


ページ先頭へ戻る

クールビズの実施について

 当組合では、5月~10月末まで節電対策として、クールビズを実施いたします。この間、職員は軽装となりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
ページ先頭へ戻る

70歳以上の高額療養費等に係る取扱いについて

 健康保険法の改正に伴い、平成30年8月1日より70歳以上の高額療養費の負担限度額が引き上げられました。詳しくは次のリンク先でご確認ください。
  (ホームページのリンク先:70歳以上75歳未満の高齢者の負担軽減措置
 なお、ご不明な点がありましたら、当組合業務部(03-5541-1231)までご照会ください。
ページ先頭へ戻る

秋季会場別健診のご案内

 平成30年度秋季会場別健診の会場及び日程が決まりました。
事業所で実施する巡回健診等で受診できない被保険者の方は、この機会に是非ご利用ください。
申込方法等詳細につきましては、事業所の健康管理委員にお尋ねください。

 健診会場及び日程についてはこちら
ページ先頭へ戻る

インフルエンザ予防接種費用の補助を行います

  毎年冬季にインフルエンザが流行しています。その予防対策として当組合では、昨年に引続き予防接種を受けた方に費用の補助を行いますので、多数の方が受けていただけますようお願いいたします。
 なお実施方法は次のとおりです。
 また、共同事業として(社)東京都総合組合保健施設振興協会(略称:東振協)が契約する全国の医療機関(院内接種)並びに会場別(集合)接種で予防接種を受けられることとなり、その際、自己負担分のみで予防接種を受けることが出来ますのでご利用ください。
接種対象期間
平成30年10月1日から平成30年12月31日まで
   (東振協契約医療機関で接種する場合も同様)
対象者
被保険者並びに被扶養者
   (年度内1人につき1回のみ、会場別接種は高校生以上)
接種方法
個人または事業所単位
費用補助額
1人1,500円 ( 接種方法は1回法、2回法にかかわらず )
但し、1人当たり費用が1,500円以下の場合はその額
  (注)市区町村等で費用補助を受けている場合は、補助対象にはなりません。
費用補助に必要なもの
医療機関発行の領収書の原本 ( 接種者の個別の氏名、料金及びインフルエンザ予防接種であることが確認できるもの )
ただし、レシートは接種者の氏名等が確認できないため不可とします。
請求締切日
平成31年2月28日 ( 組合必着 )
※ 請求書の用紙については9月8日付通知にて、事業所あて ( 任意継続被保険者については自宅あて) にご送付してあります。
 7 東振協契約医療機関又は会場別で接種する場合⇒こちらからお願いします。
なお、請求方法等の詳細については、事業所の健康管理委員または当組合総務部あてにお尋ねください。
ページ先頭へ戻る

災害により被災した被保険者等にかかる一部負担金等の取扱いについて

最近各地で大雨等による被害が確認されております。つきましては、当該災害により被保険者及び被扶養者が被災され、災害救助法の指定を受けた場合は、被保険者等にかかる一部負担金等の徴収猶予及び減免、保険料の納付猶予等を実施いたしますので、当組合業務部(電話03-5541-1231)までご連絡いただきますようお願いいたします。

ページ先頭へ戻る

健康管理委員会が開催されました

健康管理委員35名の方にご出席いただき、保健事業の平成29年度並びに平成30年度上半期の実施状況等について資料に基づき報告いたしました。
平成30年10月2日(火) 午前11時45分から
健康保険組合会議室
平成29年度健康管理事業の実施状況 他
なお、健康管理委員会終了後、ANAの機体工場にて施設見学を行いました。
ページ先頭へ戻る

日刊スポーツ杯争奪東京総合健保野球大会、二日目

 10月21日(日)、日刊スポーツ杯争奪東京総合健保野球大会、二日目が行われました。
 当健保組合代表の品川電線㈱チームは、二回戦で町田市農業協同組合(東京都農林漁業団体健保代表)と対戦しましたが、惜しくも敗退しました。

 品川電線㈱チームの皆さん、本当にお疲れ様でした。
ページ先頭へ戻る