東日本電線工業健康保険組合

東日本電線工業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

40歳以上74歳以下の方の特定健診の受診方法

A 巡回健診

(1)受診方法

引き続き退職時にお勤めの事業所での巡回健診の受診を希望される方は、事業所の健康管理委員と十分に連絡をとり、健診を受けてくださるようお願いします。
ご不明な点がございましたら、当健保組合(03-5541-1231)までお問い合わせください。

(2)費用

「生活習慣病予防健診」の受診を希望される方は、一部負担金(7,820円)が必要となります(当健保組合から直接ご本人に請求します)。

B 東振協の契約健診機関による健診

(1)受診方法

  • 希望する健診機関に受診予約を行ってください。なお、受診する際、当健保組合発行の「受診カード」が必要となりますので、受診予約日は「受診カード」を発行する都合上、申込から3週間以降でお願いします。
  • 「特定健診申込書」に必要事項および受診予約日をご記入のうえ、FAX(03-5541-1236)にて当健保組合宛にお申し込みください。後日、「受診カード」をお送りします。

(2)費用

受診時に「受診カード」と「健康保険証」を健診機関に提示することにより(※)当日の費用負担はありません。ただし、「特定健診」以外の項目を受診した場合は、自己負担となりますのでご注意ください。

  • ※任意継続被保険者の方については、法定健診受託料に相当する一部負担金(5,550円)を後日、当健保組合より請求いたします。なお、ご家族の方が受診された場合の費用は無料です。

C 任意の健診機関による健診

(1)受診方法

任意の健診機関で「特定健診」を受診してください。

(2)費用

受診健診機関に全額お支払いください。
「健康診査実施報告書・費用補助請求書」または「特定健康診査実施報告書・費用請求書」に所定事項を記入し、健診機関発行の領収書の写(個人別料金明細の確認ができるもの)および健診結果票を添付し、当健保組合宛にご請求ください。
健康診査実施報告書・費用補助請求書(任意継続被保険者用)(45KB)
特定健康診査実施報告書・費用請求書(任意継続被保険者用)(40KB)

健診機関に支払った額(限度14,500円)から一部負担金(「生活習慣病予防健診」を受診した場合は7,820円=法定健診受託料)を差し引いた額を限度に補助いたします。また、「特定健診」を受診した場合は、5,550円を限度に補助いたします。

D 会場別巡回健診

(1)受診方法

当健保組合広報誌「けんぽだより」にて詳細をご案内します。なお、当健保組合ホームページにも掲載いたしますのでご覧ください。

(2)費用

当健保組合から一括して健診機関に支払い、後日、当健保組合から一部負担金として、以下の金額を被保険者宛にご請求いたします。

生活習慣病予防健診(33歳以上) 7,820円
生活習慣病予防健診(32歳以下) 10,900円
一般健診(32歳以下) 2,880円
  • ※33歳以上の方が一般健診を受診した場合は、費用全額を負担していただきます。

E 婦人生活習慣病予防健診

(1)受診方法

当健保組合広報誌「けんぽだより」にて詳細をご案内します。なお、当健保組合ホームページにも掲載いたしますのでご覧ください。

  • 7月号 ⇒  「秋季婦人生活習慣病予防健診」(10月~1月実施)
  • 1月号 ⇒ 「春季婦人生活習慣病予防健診」(4月~7月実施)

(2)費用

無料で受診することができます。

F 会場別集合型特定健診

(1)受診方法

当健保組合広報誌「けんぽだより」にて詳細をご案内します。

(2)費用

無料(※)で受診することができます。

  • ※任意継続被保険者の方については、法定健診受託料に相当する一部負担金(5,550円)を後日、当健保組合より請求いたします。

ページ先頭へ戻る